最近、日本のお城をテーマにしたゲームアプリが多いですね。
はやりに乗っかるわけではないのですが、過去にTwitterでつぶやいた擬人化妄想を、ちゃんとまとめておこうと思い立ちました。

擬人化とか「もしも」ネタが苦手な方は、閲覧をご遠慮くださいね。

城フェスの報告も書けておらず、夏の愛媛城郭めぐりもアップできてないのに…。(ボソッ)

豊臣家滅亡とともに人格の分かれた大阪城

見た目もよく高身長。
はつらつとした性格だったが、豊臣家滅亡のショックで人格が分かれて引きこもってしまう。
めったなことでは表に出てこないが、炎を見ると大阪夏の陣を思い出し暴走して出てくる。
安土城を尊敬しており、こっそり真似をしたりしていた。

新たに誕生した表の顔は、西日本の要所と自負しており、面倒見がよく明るい性格。
裏にこもってしまった人格と記憶を共有しているため、真逆の性格ながら最大の理解者でもある。
暴走して出てくる裏の人格を止めようとせず、気の済むまで暴れさせてやろうと決めている。

多くの苦境にみまわれた心優しい伊賀上野城

大阪城を守るために築城されたが、後に大阪城を攻める立場になり苦しい思いをした。
築城主である筒井定次を慕っていたが、筒井氏が領地を没収され、その後切腹したことを知り深く傷つく。
その後入城した藤堂高虎によって励まされ、持ち直すが、天守再建の際に事故で多くの死者を出してしまい、すっかり自信をなくしてしまう。

高虎の配慮で、本城の役割が津城に移され、おかげで静かな暮らしを送っている。
かつては自分より小さかった大阪城が自分より大きくなったのを、嬉しくも寂しくも感じている。

年若く西洋文化が大好きな函館五稜郭

エリート然として自信家だが、実はメンタルが弱い。
幕府の期待を背負って、防衛力強化の要として築城された。
ヨーロッパの稜堡式の築城様式をとり、当初は自信に満ち溢れていたが、費用不足の関係で計画より規模が小さくなったこと、軍事施設として中途半端などと評されたことで心が折れる。

箱館戦争で旧幕軍の大鳥圭介、土方歳三らによって占拠され、軍事施設としての自信を取り戻しかけた。
しかしすぐに敗戦を迎える。
龍岡城のことを勝手に弟分だと決めつけている(面識なし)

秀吉大好き!主人の最期に心が病んだ伏見城

豪華に飾られ豊臣秀吉にも気に入られていたが、完成後わずか1年のうちに秀吉が城内で没す。
スレた性格になってしまい、大阪城に移ってしまった秀頼や、代わりに入城した家康を嫌う。
さらに関が原の戦いで三成によって落とされると、何もかも恨むように。
その後家康によって再建されるが、やはり誰も信用できず、十数年で廃城となった。

ゆるキャラ友だちの多いお調子者、彦根城

ひこにゃんと仲が良く、その関係でゆるキャラの友だちが多い。
明治天皇のおかげで破却を免れて以降、一方的に「親友」などと言っているが、心底感謝している。
世界遺産登録に向けて精力的に活動するなど、いま勢いのある城のひとつ。
姫路城と並んで映画出演経験が多いのでカメラ慣れしてる。

長期療養を経てさらに色白になった姫路城

見た目は色白の貴公子。
世界デビューを果たしている。
人気に応えるため頑張っていたが、ストレスを発散できずに体調を崩し、現在長期療養中

派手好きで好奇心旺盛な安土城

主人の織田信長に似て奔放な性格。
好奇心旺盛で興味を持ったら全力で追求する。奔放すぎて留守にしがち。
近所の観音寺城にも度々迷惑をかけている。信長が大好き。

安土城をかわいがる観音寺城

ボーっとしているため、自分がいつ築城されたのかよく覚えていない
信長に攻めこまれた歴史があるが、安土城のことは弟のように可愛がってる(つもり)。

とりあえず第1弾

ツイートから再録ということで、ひとまずここまで。
また整理できたらメモがてら残していきます。

こういうの共感してくれる人はいるのかな。笑