書籍

近畿6府県の山城・城館183か所の情報を収録した「図解 近畿の城郭」が想像以上の厚み!

図解 近畿の城郭I

 8月8日に戎光祥出版から出版された「図解 近畿の城郭 I」。Amazonで購入しようとしたら売り切れてたので、近所の紀伊國屋書店に買いに行きました。分厚いのわかってたからネットで買って届けてもらおうとしたのに…。店頭で見つけてレジに行くまで、他の書籍を見てる間に思ったより腕が疲れました。笑

このブログ記事を書いた日、Amazonを確認したところ再入荷されてるのを確認しました!(2014年9月5日現在)

 同書は、関西在住の城郭研究者で結成された「城郭談話会」が2004年に発行した、「図説 近畿中世城郭事典」の増補改訂版です。近畿6府県の城郭の中から最重要の城郭183か所をえりすぐり、縄張り図や写真などをまとめたそうです。総ページ数が475ページもあり、見応え・読み応えはバッチリですね〜!

「図解 近畿の城郭I」

分冊百科「日本の城」と比較するとこのサイズ。

「図解 近畿の城郭I」の厚み

厚みはこんな感じ。重たいわけだ!

収録内容

 各城郭はそれぞれの府県ごとにまとめられ、まずは各府県の城郭分布図、地理的・歴史的環境などの城館概要からはじまります。そして城郭ごとに基本的な情報(所在地や築城年、主な城主など)、縄張りや写真が収録。城郭数は、各府県ごとに次の通り。

  • 滋賀県 26
  • 京都府 37
  • 奈良県 33
  • 大阪府 22
  • 兵庫県 32
  • 和歌山県 33

縄張り好きにオススメ

 この本のイイトコロは、なんと言っても各城郭の縄張り図が収録されていること。まだ全部に目を通したわけではないですが、すべての城郭に縄張り図が載ってるんじゃないでしょうか。この縄張り図は、「城郭談話会」の会員の皆さんが作成したものだそうです。私はこういったコツコツ頑張る系が苦手なので、すごく…尊敬します…。そしてありがとうございます、ホントに。涙

 なにしろページ数がハンパじゃないので、その分お値段もお高め…。ですが、「日本のお城は『100名城』だけじゃない!」「お城の縄張りが見たい!」という方にはオススメできる一冊です。

[amazonjs asin=”486403124X” locale=”JP” title=”【図解】近畿の城郭I”]

フルカラー296ページの大ボリューム!書籍「彦根城」をお取り寄せ

彦根市が6月1日から販売している書籍「彦根城」、ボリュームの割に安いなぁと思って、さっそく取り寄せてみました。
まだ全部読めてませんが、とりあえず申し込みから入手するまでをまとめました。

twitterでも流しましたが、私が知ったのはこちらのニュース。

彦根市の公式リリースページはこちらです。

彦根城博物館でも販売されるとのことですが、しばらく登城する予定がなかったのと、あとは持ち帰るのは重いだろうなぁと思ったので、郵送してもらうことにしました。
『文化財課書籍購入申し込み用フォーム』から申し込み。
6月4日の深夜2時に申し込んで、朝9時前には代金や振込先の連絡がきました。さすが市役所、朝が早いですね。
すぐに振り込みましたが、その後は特に入金確認の連絡はありません。
数日待ちます。

6月11日、郵便で到着〜!
きちんとプチプチでくるんでくれてました。ありがとうございます。

書籍「彦根城」の梱包

装丁は『井伊の赤揃え』をイメージさせる赤一色。金文字の「彦根城」がかっこいいです!
箱入り〜。

書籍「彦根城」の装丁

書籍の厚みはこのくらい。読み応えばっちりですね。

書籍「彦根城」

まだすべて目を通せていないのですが、まずは彦根城の写真に始まり、解説編、論文編、英文編の三部構成でまとめられています。
個人的に、論文編は特に読み応えがあります。

  • 彦根城の築城
  • 彦根城築城伝承の資料ー「井伊年譜」説の再検討
  • 彦根城の縄張り
  • 江戸時代の石垣修理
  • 石垣の分類と分布
  • 石垣の刻印と転用材
  • 彦根城の石垣とその特徴
  • 彦根藩の御殿
  • 槻御殿ー彦根藩下屋敷の建物構成とその変遷
  • 玄宮園関連資料

滋賀県立大学の中井均教授や市彦根城世界遺産登録推進室の谷口徹さんらが執筆されてます。勉強になります。

特に私は彦根城の石垣が好きなので、その辺りの解説はすごく楽しいですね〜。

このボリュームで3,000円+送料は安いと思います。
お悩みの方はぜひ!
下記ページで購入できます。

私はついでに佐和山城の解説書も一緒に取り寄せました。
まだしばらくは寝不足の夜が続くなぁ。